rubato

社員教育コンサルティング・少人数制ビジネストレーニング

「ホワイトアウト」と「ブラックアウト」


今回は、私がご紹介するプレゼンテーションのワザの2つ目についてお話しします。


みなさんは、プレゼンテーションの最中に聴衆の関心を自分に集めたい時があると思います。その際にはBを押しましょう。するとスライド画面から黒い画面に変わります(ブラックアウト、覚え方はBlack out)。これにより聴衆はプレゼンターに注目します。元に戻す時は再度Bを押しましょう。


会場が暗い場合は、黒い画面に変えると会場全体が暗くなってしまいますので、白い画面が表示されるWを押しましょう(ホワイトアウト、覚え方はWhite out)。こちらも戻す時には再度Wを押しましょう。



もちろんこれらのボタンは実用的な面で大切ですが、こういった機能を知っていることで「デキる」イメージを与えられるので質疑応答などの際に積極的に使ってみると有効でしょう。次回は3つ目のワザをご紹介します。