rubato

社員教育コンサルティング・少人数制ビジネストレーニング

瞬時に指定のスライドに「ジャンプ」する


今回は、私がご紹介するプレゼンテーションのワザの3つ目についてお話しします。


プレゼンテーションをしている最中に前後のスライドを見せたいことがあるかと思います。この際、標準表示モードに戻って、スライドを見つけて、スライドショーに戻すという操作をよく見かけますが、あまりスマートな操作ではないと思います。



そのようなことを行なっている方は、これからは代わりに「ページ番号+Enter」を押してみてください。するとそのページに飛ぶことができます。ただし、手元資料を必ず用意して、あらかじめページ番号を確認することが必要になります。


またPowerPoint2015以降のバージョンから「G」を押すと画面上でスライドが一覧表示になり、そこから見せたいスライドを選べるようになりました(覚え方はGo!)。ぜひ活用してみてください。次回はいよいよ4つ目になります。